OIL MANIA BLOG. オイルマニアブログ

  1. HOME
  2. オイルマニアブログ
  3. 添加剤等
  4. 有機モリブデン 使用上の注意! その6  有機モリブデンの種類と用途

有機モリブデン 使用上の注意! その6  有機モリブデンの種類と用途

 

有機モリブデンは大きく3種類あり、それぞれ効き目と用途が異なります。

MoDTC モリブデン ジアルキルジチオカーバメート
摩擦低減効果が大です。ZnDTPと組み合わせるとさらに絶大に効きます。主に省燃費効果に使用します。「0W20」に700PPM入れて1%燃費改善(JC08)というデータもあります。ただこの濃度ではデポジットも増大します。性能の一面だけで評価してはいけません。市販のモリブデン系添加剤で「有機」や「液化」モリブデンと記載があるのはこれが多いと思います。リン分がないためAPI規格オイルにも使いやすいです。

MoDTP モリブデン ジアルキルジチオフォスフェネート
リンが入っているのでとても耐摩耗性に優れます。良く効きますがリンの量が多くAPI規格オイルに使用する際は極少量しか使用できません。API規格外のレーシングオイルでは超低摩擦と超耐摩耗を実現するため相溶剤で無理やり溶かして数千PPMの高濃度で使用します。(レースではモリブデンより高性能のチタン系や固体潤滑剤などを使用することも多いです)

MoAmn モリブデンアミン
摩擦低減性能や耐摩耗性は劣ります。酸化安定性が良くなるため、新油の性能を長持ちさせる目的で少量使用されることが多いモリブデンです。

 

モリブデンはお薬です。使用にあたっては症状にあったモリブデンを用法容量を良く守り正しくお使いください!

 

超マニア向けおまけ モリブデンと組み合わせるZnDTPも実は3種類あり、かつ分子の鎖の長さで効き目が異なります。適切な組み合わせが必要です。

関連記事